カテゴリ:現在・過去・未来( 3 )

14年間ありがとうございました

ゆめや移転の告知をしてから、久しぶりにお見えになったというお客様や、いつも通りにお気に入りのメニューを変わらずオーダーしてくださるお客様、沢山の方から、NY移転への励ましのお言葉を戴きました。中にはNYに住んでいるからラッキーだわ、と仰られるお客様が居たりNYにはよく行くので楽しみです、といわれる事も度々ありました。
NYじゃなくて下北でいいじゃない、とか高円寺はどう?など移転を惜しんでくださるお客様も多く、
14年という月日の間にゆめやは数え切れない程沢山のお客様に大切にされ、育てられてきたということを何度も実感しました。言葉では言い表せない、格別の感謝の気持ちが募る2ヶ月間でした。
最後まで何度も足を運んでくださったお客様にも、初めてご来店いただいたお客様にも少しでも楽しい、暖かな時間を過ごして戴たのであればこの上なく幸せです。

OPENしたあの日から今日まで、そして未来へ向かって、いつでも、ゆめやの夢を応援してくださるお客様ひとりひとりにこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

今日も肌寒ですが、桜も咲き始め、日本人である私達には「始まり」を感じさせる季節になりました。
ゆめやがOPENした頃に生まれた子供達も中学校を卒業する程大きくなった、同じようにゆめやも随分大きくなった(?)な、と思います。今では、卒業式でも「仰げば尊し」とは歌わないみたいですが、ゆめやにとってはお客様が師であり、下北沢が学び舎でした。
4月には店長が単身NYへ渡ります。
新しい学び舎で、新たな友や師との出会いの末にゆめやが実現する事を確信して、新たなるスタートを切ります。まだまだ、助走ですが、きっとステップを踏んで大きくJUMPします。
[PR]
by yumeya-yumeya | 2006-03-29 03:39 | 現在・過去・未来

ゆめやはNYにお引越しします

1992年12月12日、下北沢の小さな路地の角に、カレー食堂ゆめやは誕生しました。

カレーといえば日本人の国民食。
よって、好みも食べ方も千差万別です。
ゆめやのカレーは、昔、お家で食べていたような、素朴なカレーを食べていただく事で、
家庭のような安心感を感じて元気になってもらえれば、という想いが込められています。
「お箸で食べるカレー」として生まれたのでルーをトロトロに煮込んで、寝かせて、もう一度
具材と煮込んでいます。
インドカレーやスープカレーとは正反対のカレーです。
今では朱色や黄色の漆塗りのお盆に真っ白なジノリのプレートでお馴染みですが、
最初はどんぶりのご飯と小鉢、スープと一緒に提供していました。
カレーについてくる漆のスプーンは元々はカレーをどんぶりのご飯にかけるものでした。
ですから、今でもゆめやのカレーは変わらず、お箸だけで完食できます。
OPEN当時の野菜カレーのスナップはレジの脇で御覧いただけます。

ゆめやといえば、カレーだけでなく、店の外ではベトナムの食器を売っていますが、
以前はロシアの時計や、ベトナムのZIPPO、モンゴルのカシミヤなどありとあらゆるものを
売ってきました。人気のカレー饅も当時の店長が中華街の饅頭屋へ飛び込みで
お願いに行って、作ってもらうようになりました。夏場にはベトナムのCHEという
カキ氷のような甘味を販売したこともありました。
沢山の人との出会いからその時々の変化を遂げてきたゆめやは
まさに生きているという実感とともに今日まで続いています。
長い年月の間に、色々な人との出会いや別れの中で、今のゆめやがあります。
ゆめやを経て新しい世界に羽ばたいていった人も居れば、悲しい別れもありました。
下北沢という街に夢を抱いて集まってきた若い力が折り重なって、少しずつ
「カレー食堂ゆめや」が出来てきたわけです。

2006年3月末。
ゆめやは下北沢から飛び立ちます。
時期は未確定ですが、NYに移転します。
詳しいことは決まり次第お知らせしてゆきます。
これからもゆめやをよろしくお願いします。
[PR]
by yumeya-yumeya | 2006-03-04 16:27 | 現在・過去・未来

何故にNY?

2000年の3月、初めてNewYorkに行きました。
プライベートの旅行でしたが、知人の紹介で、あるアパートを見に行きました。
4月にはそこがNYブランチのOFFICEになっていました。

f0048419_2343169.jpg場所はeastvillege
日本人も多く住んでいますし、日本食スーパーもあるdowntownです。

下北や原宿に似た匂いの街で、11月にはベトナム雑貨を扱う「VUIVUI」をOPENしました。
知る人ぞ知る、この「VUIVUI」は、現在のゆめやの隠れ席、レジ奥の別室の場所にもありました。壁の照明や風呂屋の下足箱はその時の什器をそのまま使っています。
当時は原宿にも小さなスペースでやっていましたし、ベトナムでもdethamというバックパッカーで賑わう、原宿や下北沢のディープな感じに似た場所にもあって、4店舗やっていました。
VUIVUIの産みの親もゆめやからベトナムに
飛び立った女の子でした。

現在は、ゆめやの元店長夫妻がこの「VUIVUI」を受け継いでいます。

f0048419_0102310.jpg年が変わって2001年10月。
トライベッカにベトナム料理のレストラン「HOIAN」もOPENしました。
並びには老舗の「ODEON」、近くには「NOBU」など有名店が立ち並びますが
「HOIAN」は下北沢南口のベトナム料理「LITTLE SAIGON」が海を渡ったので、トライベッカではリーズナブル。ヘルシーで優しい味付けなので在住の日本人のお客様にも好評です。
最初は9月15日頃にOPENの予定だったのですが、9.11の事件が起こり
厳戒地域になってしまったため、1ヶ月遅れでのOPENになりました。

日本にいる私達にはとても計り知れない苦難の連続だったようですが、ひとつひとつ乗り越え、
トライベッカの街の復興と共に一歩一歩前進中です。

早いものでNYにブランチを作ってから5年の歳月が過ぎました。
ゆめやのNY移転は、新たなチャレンジの始まりです。
ゆめのまたゆめ。
すぐに手に入るものではないけれど、チャレンジあるのみです。

NewYorkへいかれた際は是非、「VUIVUI」「HOIAN」にもお立ち寄り下さい。
「VUIVUI」 309E 9th st. 2&1st Ave. New York N.Y. phone:212-598-9836
「HOIAN」 135 Westbroadway New York N.Y. phone:212-233-1339
[PR]
by yumeya-yumeya | 2006-02-14 08:00 | 現在・過去・未来