ゆめやはNYにお引越しします

1992年12月12日、下北沢の小さな路地の角に、カレー食堂ゆめやは誕生しました。

カレーといえば日本人の国民食。
よって、好みも食べ方も千差万別です。
ゆめやのカレーは、昔、お家で食べていたような、素朴なカレーを食べていただく事で、
家庭のような安心感を感じて元気になってもらえれば、という想いが込められています。
「お箸で食べるカレー」として生まれたのでルーをトロトロに煮込んで、寝かせて、もう一度
具材と煮込んでいます。
インドカレーやスープカレーとは正反対のカレーです。
今では朱色や黄色の漆塗りのお盆に真っ白なジノリのプレートでお馴染みですが、
最初はどんぶりのご飯と小鉢、スープと一緒に提供していました。
カレーについてくる漆のスプーンは元々はカレーをどんぶりのご飯にかけるものでした。
ですから、今でもゆめやのカレーは変わらず、お箸だけで完食できます。
OPEN当時の野菜カレーのスナップはレジの脇で御覧いただけます。

ゆめやといえば、カレーだけでなく、店の外ではベトナムの食器を売っていますが、
以前はロシアの時計や、ベトナムのZIPPO、モンゴルのカシミヤなどありとあらゆるものを
売ってきました。人気のカレー饅も当時の店長が中華街の饅頭屋へ飛び込みで
お願いに行って、作ってもらうようになりました。夏場にはベトナムのCHEという
カキ氷のような甘味を販売したこともありました。
沢山の人との出会いからその時々の変化を遂げてきたゆめやは
まさに生きているという実感とともに今日まで続いています。
長い年月の間に、色々な人との出会いや別れの中で、今のゆめやがあります。
ゆめやを経て新しい世界に羽ばたいていった人も居れば、悲しい別れもありました。
下北沢という街に夢を抱いて集まってきた若い力が折り重なって、少しずつ
「カレー食堂ゆめや」が出来てきたわけです。

2006年3月末。
ゆめやは下北沢から飛び立ちます。
時期は未確定ですが、NYに移転します。
詳しいことは決まり次第お知らせしてゆきます。
これからもゆめやをよろしくお願いします。
[PR]
by yumeya-yumeya | 2006-03-04 16:27 | 現在・過去・未来


<< お知らせです まぼろしの?ゆめやTシャツ >>